プロミスの口フリって何?

 

プロミスには「口フリ」というサービスがあります。この口フリとはどんなサービスなのでしょうか?

 

これは口座振替で自動的に返済ができるというサービスです。
このサービスを利用すれば毎月の返済の手間がかからず確実に返済ができますね。
返済日に限って仕事が遅くなって返済に行けない。。。という心配がなくなりますし、返済日をうっかり忘れてしまった!!といううっかりミスも防ぐことができます。

 

口フリの申し込みはどうするの?

 

口フリのサービスを受けるにはどうしたらよいでしょうか?

 

まずはプロミスのホームページの会員サービスにログインします。カード番号と暗証番号もしくはウェブIDとパスワードでログインします。
会員サービスの返済メニューの「口フリ」をクリックして、金融機関を選択して申し込みを行います。

 

たったこれだけの手続きで毎月の返済日には指定口座より返済が行われます。手数料は無料です。口フリを利用すれば毎月返済日に店頭やATMに行く手間もありませんし、返済日を忘れる心配もないので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

 

ただし口座の中に返済金額以上の残高がなければ引き落としがされませんので、口座残高に注意してくださいね。
また口フリサービスは三井住友銀行・ジャパンネット銀行かその他の金融機関かで利用条件が変わってくるので、よく確認してからご利用ください。
また該当金融機関がない場合は「預金口座振替依頼書」で申し込みができます。

 

プロミスの契約内容確認書とは?

 

消費者金融のプロミスと契約すると、契約内容確認書というものが発行されます。店頭窓口や自動契約機で申し込んだ場合はその場でこの書類が発行されます。
ネット申し込みの場合は、後日自宅に書類が送られてくることになります。

 

契約内容確認書書類とはどんな書類でしょうか?

 

契約内容確認書には契約に関する様々な情報が記載されています。
その内容は、利用限度額、借り入れ利率、利息の計算方法、遅延利率、遅延利率の計算方法、任意増額支払い、返済回数、最終支払期日などです。

 

借入利率は人によって異なります。
プロミスの場合、金利は4.5%〜17.8%ですが、申込者の状況によってそれぞれ利率が定められます。
自分の金利が何%なのか契約内容確認書で知っておきましょう。
その他にも、特に重要な遅延損害金、支払額、借入限度額などは今一度チェックしておきましょう。

 

契約内容をきちんと確認しよう

 

緊急にお金が必要な場合、文字の多い契約内容確認書を読むのは億劫になる気もします。
しかし大事な書類なので、よく内容を確認して、納得した上で利用を開始されることをお勧めします。
契約内容の確認を怠って利用してしまうと、のちに不利益を被ってしまうこともあり得ます。

 

その時、契約内容確認書を読まなかった、では済まないので必ず確認するようにしましょう。納得や理解できない点は問い合わせをして確認し、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

プロミスの借り入れは画像が必須!

 

最短で借り入れをするなら、インターネットで申し込み、晴れて審査が通ったら次は契約になります。
そして契約後に自動契約機でカード発行する方法がスピーディーでスムーズでおすすめです。
契約の際に必要書類をスキャナやスマホのカメラを使って撮影し、画像化して送信することになります。

 

運転免許証は両面の画像、パスポートの場合は写真のページと住所のページの画像、健康保険証提出の場合は保険証の画像に加え住民票の画像も必要になります。
その画像をインターネットの書類送信フォームからアップロードするか、メールで送るか、スマートフォンアプリをダウンロードしてそのアプリを使ってアップロードもできます。

 

スマホのカメラで撮影し、アプリでアップロードが一番お手軽ですね。
その際注意する点として、画像がぼやけていたり、指で重要な部分が隠れていたりするともう一度送信しなければいけなくなってしまいます。

 

そのような不備によって手続きが遅れ、借り入れも遅れてしまうので送信する前に画像が鮮明か確認しましょう。
不備があった場合は電話で連絡がきて、画像の再提出になります。

 

提出書類を鮮明に撮影するコツ!

 

免許証は光を反射しやすいですので、日光が当たる窓際で撮影するか何かに立てかけて撮影すると上手くいきます。
文字がぼやけてしまいますので、カメラと書類が平行になるように撮りましょう。
背景は黒やグレーなどの暗い色ですと反射しませんので綺麗に撮りやすくなります。